■前回
岩砕きってなんやねんっ


暗闇の洞窟を岩に阻まれたので、キキョウを通り 未探索の32番道路に向かう。と

 36番道路に出てきた

これ以上 未探索地域が増えてしまうと オッサン脳がパンクしかねない。
再度キキョウに戻り、32番道路に行く。
ココからは2つの進路があり、
南に行けば ハヤトお勧めのヒワダタウン、西へ行けば 初耳の「アルフの遺跡」だ。
ここはパンク回避のため ヒワダに向かうのが良いのだろう
が、アルフに行ってみる。

入ってスグに「研究所」があり、
「遺跡は1500年前に出来たモノ」「造られた目的は不明」という情報が得られた。
この地は「アルフ」の名が示す通り「始まりの場所」か何かなのだろう。

研究所を出て遺跡を巡る。ただし、建造物の中に入ってはイケナイ。
別に研究所員に止められているのではなく
「何か色々やり過ぎたら ワケ分からんやん」からである。
それらを眺めながらウロウロしてると関所があった。
ここは入ってイイ建造物なので通り抜けると

 36番道路に出てきた

キキョウからグルリと回ってきたようだ。
このままキキョウに戻ろうと進んで行くと、
ゴワスという人が「秘伝マシン06」というディスクをくれた。
そこに入っていた技は「岩砕き」。

ハヤトからバッジを貰った時に「コレで岩砕きが使えるようになる」と言ってくれた。
私はそれを「バッジを使えば岩砕きを覚えるコトが出来る」
と捉えたのだが、そうではなかった。

ハヤトが言いたかったのは

「キミはきっと岩砕きのディスクを手にしてると思うんだ。」
「でも何故だかディスクを使っても技が覚えられない。」
「キミはそのコトが不思議でたまらない。」
「脳がパンクしそうになったカモ知れない。」
「詰んだと思ったカモ知れない。」
「でも そうじゃなかったんだ。」
「技を覚えるには もうひとつ条件が必要だった。」
「そう。その条件は、ボクを倒してバッジを手に入れるコト」
「そしてキミは見事にボクを倒した。さあバッジをあげよう」
「コレで岩砕きが使えるようになる」

 解るかっっ
 そん時 岩砕き持ってへんのに、そんなん言われて解るかっ
 伝えるタイミング早いわっ
 んで 話し長いわっ


 つづきを読む >>
<< タイトルに戻る