【;ω| 友達が考えた |ω;】

ゲームプレイ日記をメインに、Web絵本や双子の娘のコトなどをグダグダ雑雑と…

■ニコニコ動画に動画アップしました

【;ω| 半熟英雄DS |ω;】

半熟英雄のDSのヤツ/もくじ

DSの「エッグモンスターHERO」のゲームプレイ日記のもくじです
ブログ内では「半熟英雄のDSのヤツ」と言っています
シミュレーションゲームだと思ってましたがRPGです

文句ばっかり書いてますので
気分をガイしてしまうカモ知れません
充分 気をつけて下さい


【半熟英雄のDSのヤツ/もくじ】
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記0/プレイ時間00:00:00
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記0−2/プレイ時間00:00:00
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記1−1/プレイ時間00:39:11
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記1−2/プレイ時間00:39:11
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記1−3/プレイ時間00:39:11
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記2/プレイ時間01:23:28
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記3/プレイ時間01:41:30
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記4/プレイ時間02:01:00
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記5/プレイ時間02:51:42
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記6−1/プレイ時間03:41:40
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記6−2/プレイ時間03:41:40
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記6−3/プレイ時間03:41:40
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記7/プレイ時間04:30:48
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記8/プレイ時間04:54:16
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記9/プレイ時間06:21:38
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記10/プレイ時間06:48:06
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記11−1/プレイ時間07:24:23
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記11−2/プレイ時間07:24:23
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記11−3/プレイ時間07:24:23
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記12−1/プレイ時間08:56:54
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記12−2/プレイ時間08:56:54
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記12−3/プレイ時間08:56:54
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記13−1/プレイ時間10:25:01
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記13−2/プレイ時間10:25:01
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記14/プレイ時間12:09:25
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記15−1/プレイ時間13:59:10
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記15−2/プレイ時間13:59:10
半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記15−3/プレイ時間13:59:10



エッグモンスターHEROエッグモンスターHERO
スクウェア・エニックス(2005-03-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記15−3/プレイ時間13:59:10

能力未知数のラスボスとの戦い
先ほど、瀕死寸前でタマゴに戻したリップナイトを再度 召喚
エッグポイントを使うが、リップナイトのHPは全快する
そして、能力半減の攻撃でダメージを与える
ラスボスの特殊能力は何も起こらずにダメージを受けるだけ
リップナイトはHPが減れば再びタマゴに戻す
そんな地道なコトを繰り返す…

 ラスボス撃破

復活したり、パワーアップしてくるコトもない
実にあっけない最後だった
カトリの村に帰ると、村人や国王が、主人公を称え、感謝の言葉を投げ掛ける
平和の訪れを喜んでいる

 しかし、平和の訪れは、別れの訪れでもある

主人公は自分の国に帰らなければならない

港に向かうと そこにはセバスチャンの懐かしい顔があった
船に乗り、国へと帰る

港にはそれを見送る国王や王女たちがいた
主人公に想いを寄せる王女は船を追いかけたい気持ちでいっぱいであったが
自分の国を再建させるために、自国に留まる決意をする
悲しいそうな顔の王女に、母親である女王から言葉をもらう

 自分の気持ちに正直に生きなさい

王女は元気な返事をして
主人公の下へと飛んで行った

物語は ここで終わり、スタッフロールが流れる
そこでは表情豊かな登場人物たちが物語のあらすじを再現する
スタッフロールの最後

 再会した主人公と王女のとても嬉しそうな顔で 物語は幕をとじた


【半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記】
 おわり

半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記15−2/プレイ時間13:59:10

最後のエリアで「伝説のタマゴ」を見つけた

 戦闘開始だ

いつものようにリップナイトを召喚
能力半減もしっかり効いて、それなりにダメージを与えられる
あとは、伝説のタマゴがどんな特殊能力を使ってくるかだ

 何もしてこない

まだ戦いは 始まったばかりだ
追い詰めると、タマゴが割れるコトは想像がつく
まったく攻撃してこないタマゴに対して 一方的に攻撃をし続ける
敵のHPは残りわずか

 さぁくるか
 まだこない

そして、そのままやっつけた
…と思ったら

 ラスボス登場

今回こそ間違いなくラスボスだ
見た目が今までのボス達とは比べものにならない

 ものすごぐ エッグヒーローエッグヒーローしている

こちらは まずプチデビル
当然のようにHP半減は効かない
プチデビルをタマゴに戻し、リップナイトを召喚
能力半減は効いたが
ラスボスからの攻撃に対して回復が追いつかない
リップナイトをタマゴに戻す

ラスボスの特殊能力がよくわからない
何かをしてくるのだが、ダメージを受けるだけで、状態変化がない
能力を使いこなせないのか、ただのミスなのか
メッセージが流れるのが早すぎて、読む事ができない

→日記15−3へ

半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記15−1/プレイ時間13:59:10

やっと最後のエリアまでやってきた
全体マップには まだ少しだけ空きが見えるが きっとクリア後に行けるエリアであり
本編クリアには関係ないと願いたい

最後のエリアを進んでいく
きっとバカみたいに広いのだろうと思っていたのだが割りとあっさり目

 しかし、何故か迷う

カギを手に入れたのだが、それを使う門が見つからない
エリア最深部まで行き、ボス部屋っぽい所の門見つけた

 だが、カギが合わない

だいぶと迷った挙句、エリアの入口から順々に進んで行き
なんかちょっとした別れ道を曲がっていないコトに気付き、やっと門を見つけた
そして、その奥でボス部屋へのカギを手に入れた
再度、最深部まで行きカギを開けるが
「ここがボス部屋と思わせといて、こっから深っいダンジョンやったらイヤやな」
と 少し心配したが

そこには、タマゴがあった
真の真の母親に守られていた真の真のタマゴ
「伝説のタマゴ」がそこにはあった

→日記15−2へ

半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記14/プレイ時間12:09:25

メトロイドかドラキュラがやりたい
エッグでモンスターなプレイ日記

「ラスボス」「真のラスボス」と肩透かしをくらい
今度は「真の真のラスボス」の下へと向かう
マップにはまだ2〜3箇所のエリアが現れそうな感じだが、見なかったコトにしておこう

真の真のラスボスのエリアは「塔」
タイシテ複雑ではないのでドンドン逃げてドンドン登っていく
で、ボスの下にたどり着く
母親のような見た目の機械的なヤツが伝説のタマゴであろうモノを温めている

この記事の下書きを行っているのが母の日なのは運命を感じそうになるが
プレイした日も記事をアップする日も母の日ではないので、運命などではない

真の真の母親は、あまりにもあっけなく討伐
続いて、真の真の伝説のタマゴとの戦い
…にはならず、エリア終了
そして母親から感動的な話しが語られる

 が、カツアイっ

真の真の母親は席には着かない
最後のエリアで真の真のタマゴの直前に再登場でもするのだろうか

そのエリアに行こう

→日記15−1へ


ママも涙・・・お母さんに贈る短歌つき【☆パール化粧箱いり☆便利ゴルフスコアブック】母の日プレゼントギフトバージョン 母の日は母を想う日その母も春うららかに母を想うかな 素敵なママへの贈り物に♪ (ブルー)

半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記13−2/プレイ時間10:25:01

絵文字も使える
エッグでモンスターなプレイ日記

最後のエリアで中ボスを倒し、エリアの入口まで戻る
そのスグの所にあるアジトへと入る

 ラスボスとの戦いだ

と思ったのだが多分違う
さっき中ボスが願いを託した名前ではない
きっと中ボスBだ
このエリアはすべてまわった
真のラスボスは別のエリアにいる
そのエリアを作業ゲーの様に進んでいくのかと考えるとウンザリする
でも今は中ボスBとの戦いに集中しよう

 全滅

中ボスBは厄介な能力を持っている
召喚したモンスターを消してしまう
但し、中ボスとは違い、タマゴが割れてしまうのだ

 中ボスB 2戦目

プチデビルのHP半減能力は効かないものの
タマゴが割られるコトはなく

 このままいけるのか

と思った矢先、プチデビルが倒され
残るタマゴたちは一矢も報えぬまま次々と倒されていった
あとは兵士たちと王子で戦闘だが
プチデビルが頑張ってくれていたおかげで なんとか勝利
中ボスBは、中ボスの隣に座った
カトリ村にいったん戻って
次のエリアに向かおう

→日記14へ


ケータイ・パソコン 絵文字メール―遊べる、使える、面白い!

半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記13−1/プレイ時間10:25:01

やっと終わりが見えてきた、のか?
エッグでモンスターなプレイ日記

最後のエリアと聞かされてやってきた所は
辺り一面クリスタルだらけの いかにもラストダンジョン といった雰囲気の場所だ
「エリア」「所」「場所」と似たような単語を並べてしまう文章力の無さも驚きだが
エリアに入ってスグにアジトがあり
その前の看板には「ココにラスボスが?」と書かれたているのにも驚いた
しかし門で閉ざされていて入れないので カギを求めてエリアを進む
わりと進んで行くと エリア内にもアジトがあった
中に入ると「中ボス」との戦闘が始まる
こちらはいつものリップスナイトを召喚するが
中ボスの特殊能力でモンスターが戦闘から外されてしまう
次のターン、タマゴ選択の画面を確認
タマゴは割れていなかった
これなら楽勝、召喚し続ければイイだけだ
数ターンかけて地道に中ボスのHPを減らしていく
だがあと少しのところで問題発生

 エッグポイントがない

タマゴが割れてないので安心していたが
召喚を続けないといけないならエッグポイントは減っていく
リップナイトを召喚出来るのはこれで最後だ
先制されてタマゴに戻されるとマズイ

次のターン、リップナイトはタマゴに戻された
だが先制で攻撃していたので、中ボスのHPは 減らした
最後は兵士たちと王子で留めを刺した
中ボスは、真のラスボスに願いを託し、席に着いた

王子一行は真のラスボスへの下へと向かう

→日記13−2へ


ホンモノの文章力 ―自分を売り込む技術 (集英社新書)

半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記12−3/プレイ時間08:56:54

ダンジョンって表現してたけどエリアって表現に替えよう
エッグでモンスターなプレイ日記

大きめのプリンの中に入ると完熟生命体と名乗る宇宙人がいた

 ボス戦 開始だ

ボス討伐後にセーブし忘れる、という快挙を成し遂げたタメ
前回と同じコトを書いてみた

再度ボスと戦わなければならない
変身して弱点を変えていくカナリの強敵だ

プレイ日記は、まずはケータイで下書きするのだが
ココの辺りまで書いた所で保存せずに終了してしまい
「「セーブしないでやり直してるというプレイ日記を書いている」というのをやり直す」
という昭和な展開があったら面白いかな
とか思っていたら、ホントにそうなったので「イラッ」ときた

話しを変身する強敵に戻すが

 何故か今回は変身しなかった

ので、割りと楽勝だった
宇宙人が席に着いたので 国王に報告に行くと

 「もうラスボスっぽいヨ」

いやいやいや、マップまだ空きあるで
でも まぁそういうならと、最後のエリアに向かった

→日記13−1へ


いいんですよ、やり直せば

半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記12−2/プレイ時間08:56:54

ダンジョンって表現してたけどエリアって表現に替えよう
エッグでモンスターなプレイ日記

大きめのプリンの中に入ると完熟生命体と名乗る宇宙人がいた

 ボス戦 開始だ

まずはプチデビルでHPを半減…が 効かない
ならば、リップナイトで能力ダウン…効いた
よしっ、あとはゴリ押しでなんとかなる
と油断していると

 敵が変身した

モンスターには「弱点」があり、そこを攻撃すれば大ダメージを与えるコトができる
だが「逆ギレポイント」もあり、そこを攻撃すると反撃を喰らってしまう

 変身した敵は、その2点をも変えてしまったのだ

しかも、何度も変身を繰り返すタメ
弱点を攻撃したつもりが逆ギレポイントだったタメに反撃されるパターンが続く
そしてとうとう5つ目のタマゴが割れてしまった

 タマゴはもうない

王子と兵士たちが直接 戦うハメになった
が、弱っていた敵モンスターは、スグに倒せた
残るはモンスターを召喚した完熟生命体との肉弾戦

 シャッシャッってやる戦いだ

家でのプレイで助かった、通勤電車で、シャッシャッは酷すぎる
そして、見事に勝利!

 さらに、セーブ忘れて電源オフ!!

あぁ……

→日記12−3へ


叱って感謝される人、逆ギレされる人

半熟英雄のDSのヤツ プレイ日記12−1/プレイ時間08:56:54

ラスボスラスボスとひっぱっていたが
内心は「ホントにラスボスだったらイヤだな」と思ってた
エッグでモンスターなプレイ日記

宇宙人が現れたので、やっつけに行こう
今度の舞台は「月」的風なフィールド
でもモチロンやるコトは同じ、カギを集めて進んで行く
その道中、ひと組のアベッ…カップルに出会う

 二人の間には溝がある

精神的なものではなく リアルな溝があり、二人を離れ離れにしている
そんな悲運なアベッ…カップルに依頼され、男性を連れて女性の元へ行く

 それやと女性がひとりで待つコトになってしまうから
 女性を連れて男性の元に行く方がイイんと ちゃうの?

と、優しい私は優しく思ったが、そんな想いも届くハズもなく
男性と共に女性の元に着いた
女性に話しかけ…と思い止まる

 このカップ…アベッ…カップ…カップルが、このエリアのボスなのでは…

セーブしてから話しかける…カギくれました
カギを使って奥へと進むと「大きめのプリン」があった

→日記12−2へ


愛のストラップorオシャレなアベック用の鍵のストラップセット
【;ω| もくじ |ω;】
−−−−−−−−−−
■ゲームプレイ日記
−−−−−−−−−−
■双子の娘
−−−−−−−−−−
■IT関連
−−−−−−−−−−
■創作物
−−−−−−−−−−
■その他
−−−−−−−−−−
【;ω| amazon |ω;】














  • ライブドアブログ