【;ω| 友達が考えた |ω;】

ゲームプレイ日記をメインに、Web絵本や双子の娘のコトなどをグダグダ雑雑と…

■ニコニコ動画に動画アップしました

【;ω| アバター |ω;】

DSアバタープレイ日記08/クリア後

<< 前回「DSアバタープレイ日記07/最終決戦」


■前回
クリア


クリア後。新たなイベントが発生する気配はないが、アイテムを取り切っていないので星中を飛び回って探す。

 見つからへん…

結構探したが、もうなんだか時間が無駄だと感じだしたのでネットで調べるコトにした。

 見つからへん…

イヤ、見つかるのは見つかる「アバター DS 攻略」で検索したが、「アバター」のワードが一般的過ぎるのか このゲームに関係のないものがタンマリとヒットする。ワードを変えて「アバター DS 攻略 ザゲーム」にすると、やっと近いものがヒットしてくれるが

 中身ないやん

発売前に立てたまま更新されていないサイトばかりが上がってくる。その後もワードを変えて色々やるが、ロクなサイトがない。
諦めて初心に帰ってアイテムを探すことにした。

 見つかった

ワリと始めの方で行ってあない場所を発見。隠された道などではなく、行ったと思い込んでいた場所にあった。これで70アイテムがすべて集まった。

 70は。

ゲーム購入時、ソフトには前任者のセーブデータが残っており、そこには「80/80」の文字があったと記憶している。あと10アイテムがあるはずだが、今のプレイデータには「70/70」となっている。80にするためのフラグを探し求め、村長に話し掛けたり、70アイテムの状態でボス犬を倒したりしてみるが、一向にフラグが立つ気配がない。
これ以上やっていても時間の無駄ないのでネットで…

 だから見つからへんねんてっ

これ以上やっていてもアレなので止めます。


おわり



<< もくじ

アバター THE GAME
アバター THE GAME [Video Game]

DSアバタープレイ日記07/最終決戦

<< 前回「DSアバタープレイ日記06/アイテム集め」


■前回
ゲームの説明


本拠地でオスマンとの最終決戦(再)
チカラを得て出直したが歯が立たない。
今までのボスはヒット&アウェイを軽くやっていれば倒せたが、こいつは違う。めちゃしっかりとヒット&アウェイしないといけない。

「ヒット」は茂みから現れるボス犬の額に矢を射る。倒れ込んだところでスレッジハンマーに持ち替えゾウさんを召還して踏ませてダメージを与える。召還が遅れると起き上がってしまうので素早くやらないといけない。また 倒れる位置が悪いと踏んでくれないので矢を射る場所も大事。

「アウェイ」これが大変。ボス犬は主人公に近づき爪を振るう。そして茂みに隠れる。ある程度近づかないと攻撃してこないので逃げ回っていてもラチがあかず、戦闘フィールドが1画面しかないのでヘタに逃げていては画面端に追い込まれて爪の餌食となる。

このヒット&アウェイを狭いフィールドでなんとかしないといけないと思考を重ね ある戦略に辿り着く。

 「覚悟を決めて右星回り」

先ずはヒット。茂みから出てくるボス犬をゾウさんの通り道で迎え撃つ。ダメージは食らうが倒されてしまう程ではないと覚悟を決めて矢を射る。
ボス犬が倒れたらスレッジハンマーに持ち替えてゾウさんを召還して踏んでもらう。
そしてアウェイ。ダメージを受けたボス犬が主人公に向かってくるので、サッと逃げる。狭いフィールドなので直進せずにボス犬を中心にクルクルと右回りに逃げる。ボス犬は左腕で攻撃してくるので少しでも避けやすくするために右回りが良い。しかしクルクルしていてもボス犬は攻撃してこない。あまり回り続けているとバターになってしまい、下ネタが浮かんだが書くのを止めるという事態になってしまう。
回りながらもボス犬に近づき、タイミングを図りボス犬から直線的に逃げる。左腕を振り上げてからでは遅い。そろそろ来るというところで逃げないとダメだ。その主人公の軌跡は星を描くようになる。
攻撃を食ってしまうと更に攻撃を仕掛けてくるが、避けた場合はボス犬は茂みに隠れる。
そこで装備を矢に戻し、ゾウさんの通り道でボス犬が現れるのを待つ。
これを何度か繰り返す。

1度打ち2度打ち3度打つ…
こちらの体力は後わずか…
ラスボスの体力は どれほどなのだろうか…

と、ボス犬は断末魔をあげて倒れこんだ

 主人公は見事に地球人からの侵略を阻止したのだ

しかし喜ぶ事ばかりではない。今の戦いによりオスマンは命を落とし、娘のモリーは本体を失った。

そしてエンディング

画面は暗転し、ゲーム制作者たちの顔写真と英語が並ぶスタッフロールが流れる

 って これメニューから見れるヤツやんっ



次回 >>「DSアバタープレイ日記08/クリア後」
<< もくじ

DSアバタープレイ日記06/アイテム集め

<< 前回「DSアバタープレイ日記05/スカイクリフなど」


■前回
プレイ日記のなんたるか


本拠地でオスマンとの最終決戦
オスマンは自らは戦わず、パンドラに住む巨大な犬を洗脳して主人公と戦わせる

 つっよっっ

死にバトルかと思う程の強さ。犬は画面内を跳ねまわり、時に姿を消して襲ってくる。
ここは一度引き返してアイテムを収集しないと勝ち目がない。

怪鳥でパンドラ各地を飛び回る。
武器やおサルやゾウさんを使った仕掛けが色々とある。ゾウさんは命は落としたものの召還獣として復活している。

 今更だが、このゲームはアイテム集めが楽しい

ライフを増やしたりアレやコレやのチカラを身に付けるには、チカラを携えた看板を見つけ出し、それに見合った数の「ジェム」を集めなければならない。
一聞するとめんどくさそうなシステムだが、これが楽しい。
ジェムはそこらかしこから手に入る。森の動物やスカイピープルを倒せば落としていき、草を刈っても出てくる、ジェムの詰まった石碑なんてのもある。そうして現れたジェムは主人公が近づくとスッと寄ってくる。そのスッ感がとても気持ち良いので、ジェム収集作業はいくらでもやっていれる。

必要なジェム数と看板から収集したチカラはメニュー画面で確認出来る。メニューでは他にも「今何をすべきか」が書いてくれているので日を置いたプレイでも安心。また、制作者たちの顔写真と英語が並ぶスタッフロールを観る事も出来る。

そんな優しい創りのゲームなのでストレスも無くちまちまとジェム集めに没頭。
ライフを3つ増やしたところで、犬との再戦に向かった。



次回 >>「DSアバタープレイ日記07/最終決戦」
<< もくじ

DSアバタープレイ日記05/スカイクリフなど

<< 前回「DSアバタープレイ日記04/ホームツリー」


■前回
聖なる木で暴れた


怪鳥に乗りスカイクリフに移動。着陸時にはスペースハリアーの様なモードになる。
着いた先でスカイピープルの目的が「この星のなんとかいう鉱石を狙っている」事だと知るが、以前にもホームツリーがどうとか動物たちを操るだかなんだか言っていたので、いったいどれが本当にやりたい事なのかがさっぱり判らなくなった。
そんな事は気にもせずウロウロしているとモリーという女の子ナディに出会った。主人公は女性のナディに会った経験がなく、もの珍しさからモリーを追いかけ回した。お前それはアカンでというくらいに追いかけ回した。そして彼女の正体を突き止めた。

 「アバター」

人工的に造ったナディの身体に地球人の魂を注いだ偽のナディ。それがアバター。彼女の正体。

そして地球人の真の目的も判明する。
パンドラ星侵略のボスはモリーの父親である「オスマン」。モリーの地球人の本体は病に冒され昏睡状態になっている。オスマンは娘を助ける方法はないものかと模索し、たどり着いた答えがパンドラ星のチカラを借りる事であった。


 ここまで書いててアレなのですが

 ゲームに夢中でブログなんか書いてられませんでした

普段はブログ用にメモを採りながらゲームを進めるのですが、そんな事をしているとテンポが悪くなり、せっかくの楽しいゲームが台無しになってしまいます。
それではイカンとたまにはメモを採りましたが、今 見るとロクなメモがありません。
その「今」がゲーム直後ならまだなんとかなったのでしょうが、ゲームをクリアしてから

 4ヶ月も経っています

それでも年齢が若ければなんとかなるのかも知れませんが

 アラウンド40です

もう無理なのでここからはすっとばしていきます


おサルやゾウさんが仲間になったり、弓や斧を手に入れたりで色んな事が出来るようになった。
ゾウさんは早々にお亡くなりなってしまい、モリーもお亡くなりになってしまった。

そして物語は佳境を迎える



次回 >>「DSアバタープレイ日記06/アイテム集め」
<< もくじ

DSアバタープレイ日記04/ホームツリー

<< 前回「DSアバタープレイ日記03/長老が拐われた」


■前回
バッサ


長老から主人公に命令が下される。
「スカイピープルが 聖なる木であるホームツリーを狙っている。お前行ってこい」
との事だ。

長老はホームツリーへの道を開くために儀式を始める。その重々しさは異空間への扉でも開かれるのではないかと思われた。が、開いたのは葉っぱの扉で、その先に繋がる道も ハシゴがあれば行けそうな場所だった。まぁ部外者であるスカイピープルが入れてしまうのだから儀式など必要なかったのかも知れない。
しかし、たかが主人公の青年が長老にツッコミを入れられるはずもなく、素直にホームツリーに入って行った。

ホームツリーにはスカイピープルたちがウヨウヨしている。主人公は ここが聖なる場所であることなどお構いなしに またもやバッサバッサする。

木のてっぺんに着くと、オープニングで登場した軍用機が待っていた。スカイピープルたちは主人公を見るや、それに乗って逃げてしまう。
主人公はスカイピープルを捕り逃してしまう形になったが、長老から課せられた目的がなんだったかはっきりしないので別に構わないだろう。
その代わりにでもないが、スカイピープルの目的が「パンドラの動物たちを支配する事」だと分かった。それが達成されたらどうなるのか、また 事前にホームツリーに登る必要があったのかなど解らない点があるが、何にしろパンドラ人にとっては邪魔な存在である事は判った。

村に戻ると「エイワ」から認められた主人公は新たなチカラを得る。エイワとはナディが崇拝する神。様々なチカラを持つのだが、移動能力がないので実務はナディたちが行わなければならない。
中途半端なエイワではあるが、それに認められた事により、「怪鳥」に乗れるようになった。オープニングで見ず知らずの軍用機にぶつかっていった無法者の鳥だ。

主人公は皆からのチカラを借り、スカイピープルを追って空に浮かぶ山「スカイクリフ」を目指す事になった。



次回 >>「DSアバタープレイ日記05/スカイクリフなど」
<< もくじ

DSアバタープレイ日記03/長老が拐われた

<< 前回「DSアバタープレイ日記02/地球人とパンドラ人」


■前回
ブッサイク


モノを探しに主人公を操作し森の中を駆け回る。
これがなかなか良く出来ていて 爽快に進んで行ける。タッチペンで行きたい方向をタッチすると主人公が走って行く。途中に崖がある場所でもジャンプ操作は不要で勝手に飛び越えてくれる。
手にはヤリを持っていて、そこに暮らしている動物たちをバッサバッサと倒しながら進んで行く。

迷路のような森の中、友人の助けもありモノを見つける事が出来た。
見たこともない素材で出来たモノを見て興奮する主人公の下に悪い知らせが届く

 「長老がスカイピープルに連れて行かれた」

スカイピープルとは軍用機に乗っていた地球人の事だ。彼らは何故パンドラに来て長老を拐ったのだろうか。侵略なのか和平なのか、もしかすると地球に危機が訪れたために助けを求めに来たのかも知れない。
しかし主人公は そんな事を全く考えず、森を徘徊するスカイピープルたちをバッサバッサと切りつけていき、無事に長老を助け出した。
そして長老からある事実を知らされる…

 「スカイピープルは危険な存在じゃ!」

 いやいや、お前のトコの若いのん 森の動物バッサバッサしてたし
 善悪の判断なしにスカイピープルにもバッサバッサしとったぞ



次回 >>「DSアバタープレイ日記04/ホームツリー」
<< もくじ

DSアバタープレイ日記02/地球人とパンドラ人

<< 前回「DSアバタープレイ日記01/探せクソゲー」


■前回
あの映画が早くもゲーム化!!


ゲーム開始

森の上空を軍用機が飛んでいる。乗組員は多少変わった顔立ちではあるが青い人物ではないのできっと地球人だろう。何のタメにどこに向かって飛んでいるかは解らない。
そして何の前触れもなく巨大な鳥がぶつかってきた。DSの画面範囲では突然の出来事に見えたが、軍用機からであれば事前に気付けたのではないのか。そんな疑問が湧いたが、軍用機は大きくぐらつく。
機体は持ち堪えたものの積み荷が森に落ちてしまう。荷物は機体に縛り付けているだけだったので当然の結果だ。そんなゾンザイな扱いの荷物だが実はたいそう高価なモノらしく乗組員の顔が青ざめる。と言ってもアバターに出てくる青い人に変化するワケではない。

場面は森の集落に替わる。

森にはパンドラ星人である青い人ナディが暮らしている。皆は今しがた落ちてきたモノに驚き慌ただくしている。その中のひとりの青年ノークが物語の主人公だ。

 めっちゃブッサイやんっ

人種差別ではなくて、他のナディと比べてもなんかブサイク。キャラクターデザインが某国なので全体的に魅力がないのは仕方ないが主人公は頭ひとつ出ているブサイクさ。
そんな彼は平穏な村の生活が物足りなかったこともあり、ここぞとばかりに村を抜け出してモノを探しに出掛ける事にした。



次回 >>「DSアバタープレイ日記03/長老が拐われた」
<< もくじ

DSアバタープレイ日記01/探せクソゲー

とある名作をクリアしたので、次はクソゲーを探しにゲーム屋さんに行った。
安価なものから見ていくがカービィやワリオは任天堂製品なのでおもしろい可能性があるのためにパス。リボーンやナルトなどのキャラクター物も何か違う気がする。そして遂に発見した。

アバター THE GAME
アバター THE GAME [Video Game]

3D上映された映画のゲーム版。全く興味がなかったので観ていないタメ「青いヤツが飛び出してくる」という知識しかない。原作があるのかも知らないし、ゲーム化されていた事も知らなかった。しかしパッケージ裏にそそられた

なんだか酷なグラフィック
「早くもゲーム化」の謳い文句

 これはクソゲー臭がする


舞台は地球に程近い星パンドラ。ここには自然を愛し大地と共に生活するナディと呼ばれる青い身体をした人たちが暮らしている。そこへ地球人がやってきて波乱が起こる。そんな物語。

 さぁやっていこう



次回 >>「DSアバタープレイ日記02/地球人とパンドラ人」
<< もくじ



DSアバタープレイ日記/もくじ

ゲームプレイ日記なのに途中がバッサリ抜けてます

【DSアバタープレイ日記/もくじ】
DSアバタープレイ日記01/探せクソゲー
DSアバタープレイ日記02/地球人とパンドラ人
DSアバタープレイ日記03/長老が拐われた
DSアバタープレイ日記04/ホームツリー
DSアバタープレイ日記05/スカイクリフなど
DSアバタープレイ日記06/アイテム集め
DSアバタープレイ日記07/最終決戦
DSアバタープレイ日記08/クリア後


アバター THE GAME
アバター THE GAME [Video Game]

【;ω| もくじ |ω;】
−−−−−−−−−−
■ゲームプレイ日記
−−−−−−−−−−
■双子の娘
−−−−−−−−−−
■IT関連
−−−−−−−−−−
■創作物
−−−−−−−−−−
■その他
−−−−−−−−−−
【;ω| amazon |ω;】














  • ライブドアブログ